Root化した端末を修理に出す方法

l_036

そもそもRootをとったりboorloaderをアンロックした端末は修理に出せません。これは携帯電話会社の利用規約に定めるソフトウェア改変行為に当たるからです。

ですが、ここで諦めてはいけません。100パーセントとは言えませんがまあ私の経験上修理はできてしまいます(笑)あくまで経験則ですが・・・

ただ、いくら修理ができるんだろうと言っても適切な処置を踏まえてのことです。それではここでは本サイト影の支援者である佐藤さんに登場いただきロールプレイング風にわかりやすく解説していきたいと思います。

もちろん、はじかれたという話もあるのでご利用は計画的に・・・


登場人物紹介

以下、自己申告に基づく登場人物紹介になります。
名前:佐藤さん

端末:Nexus5

OS:Android,Cyanogenmod12,

リカバリ:TWRP

名前:鎌根木さん

端末:Xperia X (嘘つけ)

OS:純正です

リカバリ:いじってません


佐藤さん「やっと仕事終わったよ」!Twitterでもするか。。。とりあえず晩飯あげてから食って寝よう」

おもむろにカメラアプリを開く・・・「カシャッ・・あれ?ピントが合わないぞ??」Nexus5でよくあるピントボケ問題発生ですね。(カメラモジュールを自分で交換しただけでは治らないことも多い)

「はあ?今から写真撮ろうってのになんだよ。もう初期化してやる!!!」

①まずはUnrootと初期化をしましょう

はい、佐藤さんが初期化を宣言しました。カメラのモジュールなどに異常が出た場合、タッチパネル不良など(rootなどの取得による改造行為が故障の原因ではない場合・主に物理的な問題が疑われる場合です)はまずは初期化を行いましょう。

初期化前についでにUnrootを行っておきましょう。初期化だけではRootは解除されません。

SuperSUなら「設定」→「ルート権限を放棄(アンルート)」→「続行」を押しましょう


ようこそ!

「お!?初期化終わったみたいだ。早速設定設定と・・」ポチポチ・・

「肝心のカメラを起動して・・・と・・ってまだピンと合わねえじゃん。ふざけやがって・・・。」

保証書を出してくる。

「まだ保証は切れてないな・・と。それじゃあさっさと修理工場に送り付けてやる!!」

佐藤の同居人鎌根木さん「あーでも携帯電話会社にまず連絡したほうがよくね?」

佐藤「それもそうだな・・・とりあえず修理の連絡だけしておこう。その時に念のためRoot化してることも伝えておくか」

②修理連絡で改造行為をしていると伝えてはいけません!

メーカーまたはキャリアに修理の連絡を入れる際、改造行為(Root化はもちろん、ボンド機種の電池交換などもアウトの場合がある)を正直に言ってはいけません。

ふつう聞いてきませんからわざわざ自分で言う必要はありません。聞かれないことは答えなければいいだけで嘘をついているわけではないですからね・w・

言ってしまったらその場で修理を断られてしまうことでしょう。


佐藤「さっきは危なかったな・・・危うくRoot化してますって言っちゃいそうだったぜ。まあこれで修理も申し込めたし、さっさと送るとするか。初期化もしたし。これでいいだろ?」

鎌根木「うん。うん^^早く送ろうぜ!俺飯行きたいし」

③違うROMを入れている場合初期化するだけではいけません

StockRom(メーカーが基本で導入しているROM)以外のカスタムromを導入している方は、元のStockRomを焼き直しましょう。たいていの場合公式サイトで配布しているかxda-developersなどのサイトに落ちています。

Nexusならファクトリーイメージをfastbootで焼くと良いですね!


佐藤「おい、鎌根木お前、初期化するだけだったら駄目らしいじゃねえか。あぶねえな」

鎌根木「あーそうかい。気づけて良かったじゃん」

佐藤「他人事だな・・まったく無責任な奴だ・・・まあいい。さっさと焼き直して・・と」

三十分後・・・

佐藤「出来た!今度こそ送るぞおおおおーフヒャヒャ」

鎌根木「うわっ気持悪」

佐藤「黙っとけ。お前は本当に役に立たん奴だな」

鎌根木「・・・・bootloaderロックしとけよ・・・」

佐藤「はっ!?!?」

④bootloaderをアンロックしている場合ロックしましょう

もしrom焼きなどでbootloaderをアンロックしている場合はbootloaderを再ロックします。

必ずすべての工程が終了してから行いましょう。ロックしてしまうとまたアンロックしないことには焼き直しもできません。

fastboot oem lock

基本はこれで行けますね!


佐藤「・・・ありがとう」

鎌根木「飯行くぞ」

佐藤「意外と使えるやつなんだな」

鎌根木「え?」

こうして無事修理が完了したということです。めでたしめでたし・・


この作業を行ったからといって工場ではじかれないということではありませんが、まあ一日に何百個も修理するのにいちいち確認するのもめんどくさいからやってないと思うんですよ(完全に憶測ですが)。。。でも間違いなく店頭の販売員の目はこれでごまかせます。販売員でカウンターを確認する人は相当の奴です。今までに出会ったことはありません。ですから、とりあえず修理に出せば何とかなる可能性が高いです。最悪でも端末は帰ってきます。(修理されなかった場合)送料はどうなるかはわかりませんが。どうせ持っていても直りませんから送らないにこしたことはないでしょう!

またコメントも気軽にお願いしますね!シェア、コメントは相当励みになります(笑)

それではっ。今回も最後までご覧いただきありがとうございました!