Nexus6PをROOT化する方法を解説!

レビューより先にRoot化の記事を出すなと言われそうですが、Nexus6Pが届いております。

それでは早速実機で試したROOT化について解説していきますね。

それではいつもの注意からGO!

注意事項

本サイト内に掲載の行為を実践される際は全て自己責任でお願いします。

ROOT化や、端末のブートローダーアンロック、カスタムromの導入などには端末が起動しなくなったり、最悪の場合文鎮化(起動せずどうしようもなくなる)してしまうこともあります。

もし異常が発生した場合でもできる限りサポートしたいとは思いますが、そのような事が起こっても当サイトは一切責任を持ちませんのでその点ご了承ください。

また、今回の作業ではデータが全てリセットされます。ご注意ください。


準備するもの

・Nexus6P

・ADB環境のあるPC(コマンドプロンプトでadbを入力してみると設定できているか分かります。ずらずらーっと文が流れた場合は成功です)

ADB環境がまだの方はこちら(簡単に分かるROOT化シリーズ①)

・インターネット環境

・PCとスマートフォンをつなぐUSBTypeCケーブル


準備ができたら、早速必要なものをダウンロードしていきましょう。

①それではまずブートローダーをUnlockしましょう

すでにUnlock済みの方は次の②に進んでください。

注意:この操作では端末のデータが消去されますのでご注意ください。

・6P本体の設定→開発者オプション→OEMロック解除のチェックボックスをON

・6P本体の設定→開発者オプション→USBデバッグのチェックボックスをON

電源ボタン+音量下ボタンを長押し、ドロイド君の画面が出てきたらそこで端末をいったんPCに接続しましょう。

コマンドプロンプトを開き、「fastboot flashing unlock」と入力してEnterキーを押します。


注意:万が一このコマンドでうまくいかない場合Android SDKのバージョンが古い場合があります。

このサイトの手順(誰にでもわかるROOT化シリーズ)でADB環境を構築した場合は、Cドライブ直下の「Android-sdk」→「SDK Manager.exe」をクリックして起動。

すべてのチェックを外して「Android SDK Platform-tools」だけを選択し、右下の「Install Packages」をクリックしてアップデートしましょう。時間があれば「Android SDK Tools」「Google Device」などもアップデートするとよいでしょう。


電源ボタン+音量下ボタンを長押し、ドロイド君の画面が出てきたらそこで端末をいったんPCに接続しましょう。

コマンドプロンプトを開き、「fastboot flashing unlock」と入力してEnterキーを押します。

あとは、スマートフォンの音量ボタンでYesを選択後、電源ボタンで決定して下さい。

すると端末が再起動します。起動時Googleのロゴの下に南京錠のマークが出たらOKです。

②対応するboot.imgを焼きましょう。


こちらのサイトで必要なファイルをダウンロードしましょう

アクセスしたら、スクロールして「angler-mdb08k-boot.zip」を選択します。

135

自分の端末に合うファイルをダウンロードしたら、次に対応するSuperSUをダウンロードします。

最新バージョンは2.5.2です。

③TWRPのダウンロードしましょう

TWRPはリンクをクリックして飛んだページの一番上のリンクをクリックすれば最新バージョンがダウンロードされます。特に理由がない限りダウンロードは最新版で行ってください。

twrp nexusf6p

④boot.imgを焼いていきます

まず最初にダウンロードしたzipファイルを解凍します。

まずダウンロードした「angler-mdb08k-boot.zip」を解凍します。するとboot.imgというファイルが出てくるので先ほどダウンロードしたファイルとともに新しいフォルダを作るなどして一か所にまとめましょう

次に、Beta-SuperSU-v2.5.2.zipをスマートフォンの任意フォルダにコピーしてください。

それでは、先ほどのまとめた状態のフォルダの中の説明に戻ります。

この状態で空白部分でSHIFTキー+右クリックでメニューを開いてください。

すると、コマンドプロンプトが起動します。あとはフラッシュするだけです。

⑤bootloaderを起動しましょう

スマートフォン・タブレットの電源ボタン+音量下ボタンを長押しでブートローダーを起動しましょう。

その状態で先ほどのコマンドプロンプトを開きます。

⑥boot.imgを焼きましょう

コマンドプロンプトに「fastboot flash boot boot.img」と入れてEnterを押します。Finishedと出たら次へ進みましょう。

注意:この作業を行う際は、必ずboot.imgのあるフォルダ内で「コマンドウィンドウをここで開く」をクリックしてコマンドプロンプトを起動してください。そうしないとファイルを認識できません。

⑦TWRPを焼きましょう

次に「fastboot flash recovery」と打って、半角で一マスあけたらファイルをコマンドプロンプトにドラッグ&ドロップしましょう。ファイル名が自動入力されます。うまくいかない場合は「fastboot flash recovery twrp-○.○.○.○-機種名.img」をバージョン、機種に合わせて入れてください。(今回なら「fastboot flash recovery twrp-2.8.7.1-shamu.img」となります)

注意:この作業を行う際は、必ずboot.imgのあるフォルダ内で「コマンドウィンドウをここで開く」をクリックしてコマンドプロンプトを起動してください。そうしないとファイルを認識できません。

入力できたらEnterを押しましょう。Finishedと出たらスマートフォンの操作に移ります。

⑧リカバリーを起動しましょう

ブートローダのままで電源ボタン下でメニューを選びます。「RECOVERY MODE」と出るまで繰っていき、でたらそこで止めて電源ボタンで確定しましょう。

すると「TWRP has detected an unmodified system partition」という長いメッセージが表示されますが、下のスライドバー、「Swipe to Allow Modifications」を右にスライドして先に進みましょう。


注意このあたりでパスワードを求められる場合はいったん「Cancel」をクリックし、一番最初の画面の「Wipe」→「Advanced Wipe」で「Data」にチェックを入れ、「Swipe to Wipe」をスライド。その後またTWRPのトップ画面に戻り、「Reboot」→「Recovery」をタップしてください。


「Install」を押します。

Screenshot_2015-10-10-09-39-09[1]

先ほどコピーしたSuperSUのzipファイルを選択します。

Screenshot_2015-10-10-09-50-48[1]

バージョンは写真では2.5.1ですが先ほどコピーした2.5.2を選択してください。(笑)

下のスライダーを右にスライドしてインストールを完了しましょう。

Screenshot_2015-10-10-09-52-24[1]

その後、「Wipe cache」を実行し、「Reboot System」で再起動しましょう。 

作業完了です!

お疲れさまでした!終わってみれば楽と思われた方もいるかもしれません。今回自分としては「oem unlock」が変更されていたりしたのもあって久しぶりに試行錯誤のあるRoot化となりました(笑)ちょっと画像のバージョンなどは読み替えてもらえれば・・・うれしいですねw
それでは、いつも通りコメント・ご質問はお気軽にコメント欄にどうぞ!

この記事をシェアしませんか?

このサイトをフォローしませんか?