Android6.0でSELinuxをPermissiveのままでRoot化に成功、方法を解説!

3

いよいよ出遅れた感ありながらの「Android6.0 Marshmallow」の導入に成功したわけですが、StockRomというものは本当に面白みがない。いくら新機能があるといってもカスタムRomの方が便利だし・・・数々の機能を堪能し、権限の設定なんかもなんだかXiaomiの「MIUI Rom」みたいでかっこいいなと思っていました。ほら、マルチウィンドウやNow on Tapなんかも使いやすかったですよ。

えっ?お前の環境でまだ出てるわけないだろ?って。ばれましたか、実際はマルチウィンドウは使ってませんしNow on Tapは今年中実装とか言われてますからね。マルチウィンドウくらいごにょごにょやれば使えるのですがそれに行く前にまず前提のRootを取りたいと思います。


・準備するもの

・Android6.0 Marshmallowを導入済みのNexus端末(Nexus5,6で確認しました。7や9、NexusPlayerもいけるようです)

・ADBなどの設定が完了しているPC(まだ一度もRoot取得をしたことがなかったりADB?っていう方はこちらから設定してください。

・USBケーブル

注意事項

本サイト内に掲載の行為を実践される際は全て自己責任でお願いします。

ROOT化や、端末のブートローダーアンロック、カスタムromの導入などには端末が起動しなくなったり、最悪の場合文鎮化(起動せずどうしようもなくなる)してしまうこともまあります。

もし異常が発生した場合でもできる限りサポートしたいとは思いますが、そのような事が起こっても当サイトは一切責任を持ちませんのでその点ご了承ください。


①それではまずブートローダーをUnlockしましょう

すでにUnlock済みの方は次の②に進んでください。

注意:この操作では端末のデータが消去されますのでご注意ください。

電源ボタン+音量下ボタンを長押し、ドロイド君の画面が出てきたらそこで端末をいったんPCに接続しましょう。

コマンドプロンプトを開き、「fastboot oem unlock」と入力してEnterキーを押します。

あとは、スマートフォンの音量ボタンでYesを選択後、電源ボタンで決定して下さい。

すると端末が再起動します。起動時Googleのロゴの下に南京錠のマークが出たらOKです。

②対応するboot.imgを焼きましょう。


こちらのファイルをダウンロードするのですが、

Nexus5

なら「hammerhead-mra58k-boot.zip」を。

Nexus6

なら「shamu-mra58k-boot.zip」を

Nexus7

なら「razor-mra58k-boot.zip」を、その他端末は画像を参照してください。
6supersu1

自分の端末に合うファイルをダウンロードしたら、次に対応する

SuperSUをダウンロードします。
バージョンはSuperSUv2.5.1です。

supersu

赤い線で囲われた「BETA-SuperSU-v2.5.1.zip」をクリックしましょう。」

SuperSUのダウンロードができたら、TWRPのダウンロードを行います。

TWRPのダウンロード

TWRPはリンクをクリックして飛んだページの一番上のリンクをクリックすれば最新バージョンがダウンロードされます。特に理由がない限りダウンロードは最新版で行ってください。

Nexus6の方はこちら

Nexus5の方はこちら

Nexus7 2013(Wifi)の方はこちら

FLO?と思うかもしれませんが正しいです。

Nexus7 2013(LTE)の方はこちら

こちらはdebと書かれていますがNexus7です。

Nexus9の方はこちら

Nexus Playerの方はこちら

自分の機種に合うものをダウンロードしたら、さっそく次のステップです。

④boot.imgを焼いていきます

まず最初にダウンロードしたzipファイルを解凍します。

ここではNexus6を例に「shamu-mra58k-boot.zip」で解説します。度の端末も同じ手順ですので安心してください。

まずこれを解凍します。するとboot.imgというファイルが出てくるので先ほどダウンロードしたファイルとともに一か所にまとめましょう。

giga1

次に、Beta-SuperSU-v2.5.1.zipをスマートフォンの任意フォルダにコピーしてください。

それでは、先ほどのまとめた状態のフォルダの中の説明に戻ります。

この状態で空白部分でSHIFTキー+右クリックでメニューを開いてください。

command1

すると、コマンドプロンプトが起動します。あとはフラッシュするだけです。

⑤bootloaderを起動しましょう

スマートフォン・タブレットの電源ボタン+音量下ボタンを長押しでブートローダーを起動しましょう。

その状態で先ほどのコマンドプロンプトを開きます。

⑥boot.imgを焼きましょう

コマンドプロンプトに「fastboot flash boot boot.img」と入れてEnterを押します。Finishedと出たら次へ進みましょう。

⑦TWRPを焼きましょう

次に「fastboot flash recovery」と打って、半角で一マスあけたらファイルをコマンドプロンプトにドラッグ&ドロップしましょう。ファイル名が自動入力されます。うまくいかない場合は「fastboot flash recovery twrp-○.○.○.○-機種名.img」をバージョン、機種に合わせて入れてください。(今回なら「fastboot flash recovery twrp-2.8.7.1-shamu.img」となります)

入力できたらEnterを押しましょう。Finishedと出たらスマートフォンの操作に移ります。

⑧リカバリーを起動しましょう

ブートローダのままで電源ボタン下でメニューを選びます。「RECOVERY MODE」と出るまで繰っていき、でたらそこで止めて電源ボタンで確定しましょう。

すると「TWRP has detected an unmodified system partition」という長いメッセージが表示されますが、下のスライドバー、「Swipe to Allow Modifications」を右にスライドして先に進みましょう。

「Install」を押します。

Screenshot_2015-10-10-09-39-09[1]

先ほどコピーしたSuperSUのzipファイルを選択します。

Screenshot_2015-10-10-09-50-48[1]

下のスライダーを右にスライドしてインストールを完了しましょう。

Screenshot_2015-10-10-09-52-24[1]

その後、「Wipe cache」を実行し、「Reboot System」で再起動しましょう。 

作業完了!

お疲れ様でした!以上で手順は終了です!結構ややこしい手順ではありますが、一度行ってしまえば後が楽ですね。生活にRoot権限は必須なだけに早めのRoot取得ができて良かったです。そして記念すべきRoot権限授与第一号は「TitaniumBackup」。まああたりまえと言えばあたりまえですが、まあおめでとう。ってなところです。

それでは楽しいAndroid6.0Marshmallow生活をお送りください~

この記事をシェアしませんか?

このサイトをフォローしませんか?