【必見】超小型イヤホン「Pearbuds」が復活!これは買わずにいられない!

Truebuds - The World's Smallest Stereo Cordless Earbuds project video thumbnail

みなさん。大変前回の記事からおまたせして申し訳ないです。今回の記事はこれ、海外のファンディングサイト「KickStarter」で話題だった(えー個人的にですね)わけであります。

実はこのプロジェクト、以前「Pearbuds」という名前だったのですが。。。何やら知的財産紛争の対象となってしまい、出資がストップしていたみたいなんですね。やっと解決したのか?名前を「Truebuds」と変えて再登場しました。

実はKickStarterでは過去にもこんな超小型イヤホンがファンディングされてるんですが今度の「Truebuds」が一体今までのと何が違うのか?

なぜ私が過去のものではなくこの「Truebuds」なのか?

その答えは、ただ単にほかのプロジェクトに気付くのが遅く締め切られてただけ

二つの突出した機能にありました。

・充電持ちの良さ

1

どこでも持ち出せることがウリで6時間のバッテリーが単体でもちます。(おそらく最長)

充電ケースで充電すれば18時間持つという事なので嬉しいですね。昔片耳のbluetoothイヤホンをAmazonで購入しましたがそそれを使い続けた主な理由は長い充電持ちであったと思います。一週間とか二週間放置していても残ってました。さすがに連続使用は厳しいですが(笑)

・ノイズキャンセル機能

なかなかノイズが搭載されたイヤホンというのは少ないですね。小型でというのではなかなか無いのではないのでしょうか?

ただ、よく読んだところ、これパッシブノイズキャンセライズなんですよね。

ウォークマンに搭載されているような電子的なノイズキャンセライズ機能をアクティブノイズキャンセライズ。

ゴムなどの物理的な遮断によってノイズをカットするノイズキャンセライズ機能をパッシブノイズキャンセライズといいます。

つまりこのイヤホンには物理的なノイズキャンセライズしか搭載されていないことになります。とはいえ、ノイズキャンセライズを謳う超小型イヤホンはいまも少なく十分に長所といえるでしょう。


そんな期待のイヤホンがこちらでございます。

すでに目標金額を達成しています。出資総額は執筆現在35万ドルに達しており間違いなく第一段階はクリアしたわけですが、すでに今後の流れが公開されています。

3

順調にいけば三月に出荷されそうです。届いたらさっそくレビューしたいとは思いますがなんせ来年の三月です。まだまだ忘れたころにやってくる感じが予想されます。(実際にはアップデートメールが入るのでそんなことはないんですがね笑)

私も勝手に応援しておりますし、皆さんも興味が出た方はぜひ、出資してみてくださいね!

ただ、あくまで出資ですのでKickStarterでのプロジェクトが失敗しても何の保証もないという事は押さえておいてくださいね。いろんな情報を考察して優れたプロジェクトを見つけ、皆さんで楽しいKickStarterライフを楽しみましょう!

それではまた!

この記事をシェアしませんか?

このサイトをフォローしませんか?