【必見】Nexus5のバッテリーを3000円で交換!そろそろあなたも交換しては?

みなさんこんにちは。前回からほぼ一か月ぶりの投稿となりました。もっと早く更新するはずが忙しくて・・・というわけで今回はNexus5のバッテリー交換を行いたいと思います。

バッテリー交換といえば、まあ長い間端末を使っているとだんだん充電が持たなくなってきたり、発熱が・・なんて場合に行うものですが、今回はどうやら違うようです。

それでは準備するものといつもの注意からスタートです。

準備するもの

・バッテリーを交換したい「Nexus5」一台

・新しいバッテリー(1600円程度)

・修理用の工具(1200円程度)

注意事項

本サイト内に掲載の行為を実践される際は全て自己責任でお願いします。

正しい手順を実行しないとこの端末は文鎮となる場合があります。電池交換はサポート対象外なので注意して下さい。

もし異常が発生した場合でもできる限りサポートしたいとは思いますが、どのような事が起こっても当サイトは一切責任を持ちませんのでその点ご了承ください。


IMG_20150722_212934

一体どうしてしまったのでしょう。電池パックと本体とのケーブルが見事にちぎれています。

そこで私はこの意味不明な機械の電池交換に取り掛かりました。

(なかなかこのようなシチュエーションには遭遇しないとは思いますが交換は同じ工程なのであしからず)

①まずは裏蓋を開けましょう。

まずは裏蓋を開けます。なんとボンドでしっかりと固定されており力を入れないとびくともしません。

その割には蓋の留め具はすぐに折れそうでハラハラさせられます。

開封にはマイナスドライバーを使うと大抵うまくいきますが「Nexus5」は側面から開けることはお勧めできません。側面にある配線を傷つけたら一巻の終わりです。さらに充電口付近のプラスチックは割れやすく上部のイヤホンジャック付近から開けていくのがお勧めです。

それでは早速工具類を確認していきましょう。

②準備したものを確認しましょう

IMG_20150722_203427

IMG_20150722_203451

Y型ネジと丁寧に包まれたバッテリーです。そこに先ほど裏蓋を外した本体を並べると・・・準備完了です!

③6つのネジを取り外しましょう。

IMG_20150722_214310-e1437878043831

ネジを外したら内蓋が取れます。するとバッテリーの接続部分が現れました。

IMG_20150722_213345

注意:写真はこの時点でバッテリーがありませんが、みなさんははまっているままで作業をお願いします。あくまでちぎれたバッテリーを修理している場面なのです。

ここは指のツメで部品をはがします。(オープナーの方がよいでしょう)横棒のような落書きがされている部分ですね。製造時のマークかもしれませんが自分のスマホの部品に落書きされているというのも不思議な気分です。

その次にDの落書きあたりからYあたりもはがしていきます。(基板が傷つくかもしれないので手でやるよりオープナーを購入したほうがよいでしょう。ただ私は手でやりました。)

その後バッテリーの下にマイナスドライバーを差し込んでグイグイと引き上げていきます。ボンドで固定されていてかなり固いので思い切ってやりましょう。この際ほかの基盤は傷つけないように!

準備ができたら・・・

IMG_20150722_204214

バッテリーの状態を確認してはめ込みます。

IMG_20150722_213551

「カチッ」とはいいませんがバッテリーからでている端子を本体につなげます。

その後YとDの落書きのあるコードを元通りに接続しましょう。

IMG_20150722_214310

こんな感じでしょうか。裏蓋をしっかりはめます。

④起動してみましょう

IMG_20150722_214435

やりました!しっかり起動します。お疲れ様でした。

実は断線のせいでブートローダー以外起動しないばかりかロゴから先に進まず、バッテリーを交換したところしっかり起動しました。

コメントで質問や感想などを募集中です。何かありましたらお気軽にお願いします。それではっ次回は早めに更新していきたいと思います!

この記事をシェアしませんか?

このサイトをフォローしませんか?