【PC不要】「Pebble Time」を日本語化する方法と注意点!

pe

こんにちは。この記事をお読みの皆さんの中にも、「Pebble Time」生活を満喫されている方も多いかと思いますが、今回はコメントでリクエストも頂きましたので日本語化(実際には日本語対応?普通に使っていると日本語の通知が豆腐状態□□状態になるのでそれを改善します)を早速解説していきたいと思います。その上、スマートフォンだけで完結しますので簡単に行えると思います。

注意事項
本サイト内に掲載の行為を実践される際は全て自己責任でお願いします。

今回は壊れる可能性はほぼ0だと思いますが一応掲示しておきたいと思います。


準備するもの

・Pebble Time 一台 (純正ファームウェアをご準備ください。まだ一度もいじっていないという方は関係ありません。無視してください。もし他のファームウェアを適用している場合は、左電源ボタンと右上、右中央ボタンを40秒同時に長押しすることでリカバリーモードより初期化が可能です。)

・スマートフォン 一台(Pebble Timeアプリにて初期設定済みであること。Pebble Timeとの接続が完了していること。初期設定については後日記事を出したいと思います。)

それでは早速見ていきましょう

①必要なファイルをダウンロードしましょう

注意:分かりやすく説明するためPC画面で説明していますが、スマートフォンだけで操作される方は画面表示は少し異なりますが、同じ操作方法ですので安心して進めてください。

ダウンロードはこちらのページから

出典:Pebble 日本語言語パック – Pebble Japanese language pack

http://wh.to/pebble/index_jp.html

pebble

こんなページが表示されたら下にスクロールします。

pebble2

[日本語言語パック J~ ダウンロード]の下、pbjapanese_j~.pblというリンクをクリックします。(~の部分はバージョンです。この記事の執筆当時はj06でした。今後もアップデートされる可能性がありますのでこの表記にしました。)

すると、ファイルがダウンロードされます。PCでダウンロードされた方は、USBケーブルなどでスマートフォンを接続してファイルを移してください。スマートフォンでダウンロードされた方は早速②に進みましょう。PCの方はファイルをスマートフォンに移してから②に進んでくださいね。

②スマートフォンでファイルを開きましょう

注意:ここからはスマートフォンでの操作となります。

さて、ここでは先ほどダウンロードしたファイルを開きます。

その前に、ファイルマネージャー(ファイルを開くアプリ)をインストールしておきましょう。

(既に導入済みの方は不要です。)

ES ファイルエクスプローラー(Android)ダウンロードはこちらから

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.estrongs.android.pop&hl=ja

インストールが完了したら早速「Download」フォルダを開きましょう。

すると、先ほどダウンロードしたファイルが表示されました。

タップしてファイルを開きましょう。③へ進んでください。

ここで、ファイルが開けない方へ

ファイルが~j06.pblになっていることを確認してください。何らかの問題でファイルが~j06.txtなどと拡張子(ファイルの種類を表示する文字)が変わっている場合があるようです。

その場合は、まずファイルを長押しします。

下メニュータブの「名前の変更」を押しましょう。

.txtを.pblに変更したらOKを押しましょう。

後は修正したファイルをクリックするだけです。

③いよいよ日本語を導入です

先ほどのファイルをクリックすると、こんな画面が表示されます。

確認画面で「OK」を押しましょう。

この画面が表示されない方は初期設定が完了しているか、ファイルが正しい拡張子であるか確かめましょう。

wpid-screenshot_2015-06-26-22-46-56.png

ロードが始まって・・・

終わります・・

なんとこれ、終了のサインがないんですね。ロード画面が終了していれば完了です。

Pebble Time側でも何の反応もありませんでした。


お疲れ様でした!以上で終了です。今回はAndroid向けの記事を書いてみたのですが、iPhone向けの記事も書いてみようと考えています。(動作検証もかねて)やっぱりPebbleは使いやすいです。私も少し前はSonyのスマートウォッチ3を使っていましたが、充電が持ちません。毎日の充電が面倒になり次第に使わなくなりました。(今ではAndroid Wear OSが進化していて売らなきゃ良かったと思っていますが笑。相変わらず充電は持たないようです。)

そんな悩みを解決してくれたPebbleには脱帽です。カラーで見やすく、バイブレーションが強いのも嬉しいですね。いろいろ使ってみれば分かるのですが結局タッチパネルなんて要りません。必要な機能を詰め込んだPebbleに拍手!ということで、今回は終了です。

コメント欄でどんどん質問・感想受け付けています。気軽にコメントしてくださいね。

(コメントを簡略化しました。名前欄だけにしていたのですが、メールでの通知の問題でメールアドレスの欄を作り直しました。別に必須でもありませんし、公開もされないので、コメントお待ちしております。)

この記事をシェアしませんか?

このサイトをフォローしませんか?