はるばる「Pebble Time」がついに到着!早速レビュー

pebble

お久しぶりです、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

こちらはいろいろな事件が起こっていますが・・・私の中ではなんといってもこれ。「Pebble」の到着が一番今月嬉しいことでしょうか(笑)

もとはと言えば「Pebble」は人気プロジェクト。

その最新機「Pebble Time」は世界最大の出資サイト「Kickstarter」で日本円にして約24億円を集めた超人気商品です。

その人気の秘訣とは自由な開発環境となんといってもバッテリーの駆動時間でしょう。

一般的なスマートウォッチが一日から二日が限度なのに対して「Pebble」が長時間駆動を実現しているのはカラーe-inkを採用しているから!

消費電力を抑えながらも機能にこだわる「Pebble」に一目ぼれなわけですね。

4月にお金を支払って生産から発送を心待ちにしただけに期待はかなりのものです。それでは早速届いた「Pebble Time」を検分です。

おことわり:大変写真が見苦しく申し訳ありません・・非常に写真が見・・・・

早速届いた箱をチェック!

はるばるシンガポールから到着。出荷されてから約10日程度かかりました。(なぜか追跡番号が日本への到着前日に送られてくるというよく分からない事態も発生していますが、これは七万人以上に発送しているがために起こったミスであろうと思うので責める気にもなりません。)

pebble2

「It’s time」時間軸を中心に設計されたというPebbleの意気込みを感じます

さっそく開封しようとすると・・・あっ見つけました。なかなか凝ったデザインです。

ビリビリビリッ

wpid-img_20150618_184156.jpg

ちょっと固めのジッパーを引くと・・「Pebble Time」本体と取扱説明書、そして保証書が入っていました。

wpid-img_20150618_184416.jpg保護シールが浮いていますが写真をとり忘れていて貼りなおしたものです。。

本体を早速取り出してみました。前作の「Pebble」で指摘されたプラスチックの安っぽさも解消されています。

金属で覆われた枠が実にCOOLです。公式の写真を見るとちょっとモッサリした印象でしたが、実際に腕にはめてみるとそんなことも無かったです。杞憂でよかった。。。

バンドの穴も多いので、腕周りが細い方にもお勧めです。

また、バンドは交換することも出来ます。市販のバンドが使えてしまうというのも嬉しいところですね。

外見は○腕に付けていてもかっこいい!

写真左から本体左側(電源ボタン)写真中央:本体右側。そして背面にはKickStarterの支援者である旨がしっかりと記載されています。

丸い形が四つ並んでいるのは充電プラグをはめるところ。磁気でカチッとくっつきますが、ちょっと取れやすいので安定した場所での充電がお勧めです。

wpid-img_20150618_184529.jpg wpid-img_20150618_184541.jpg

早速電源を入れて使ってみます

本体の電源をON!どうやらスマートフォンにアプリをインストールしろと言っているので・・・

ぽちぽちっとインストール。アプリでログインするとすぐに接続画面に入りました。

wpid-img_20150618_184608.jpg

接続画面にはいろいろな言語があるようです。一秒ごとに言語が切り替わります。

wpid-img_20150618_184825.jpg

もちろん「OK」なのでチェックマークの方のボタンを押します。

wpid-img_20150618_185034.jpgwpid-img_20150618_185038.jpg

するとどうやらアップデートが始まった様子。しばらく待ちます。

wpid-img_20150618_185150.jpg

完了しました。するとPebbleが再起動。

wpid-img_20150618_185153.jpgwpid-img_20150618_185157.jpg

基本の時計画面が表示されました。なかなか発色も良くいい感じです。特に屋外での視認性のよさは群を抜いています。

wpid-img_20150618_185230.jpg


いかがでしたか?もっと写真を上手く取れればよかったのですが・・・練習しておきます。

次は、日本語化(日本語通知で豆腐状態□□□が出ないように対策)、Pebbleアプリレビューなども書いていきます。お楽しみに!

ファーストインプレッションは良好。ひとまず2日使った所ではまだ不満点は感じられませんでした。

(あとは、シャットダウンと機内モードが電源ボタンで呼び出せると言う事なしです。)

今度はいい点、悪い点(ないことを願いますが・・)をしっかりまとめていきたいと思います。

それでは、長い記事を読んでいただきありがとうございました。宜しければコメントいただけると嬉しいです。(些細なことでもいいので笑)

また、いつも通り質問も受け付けています。日本語化など分からなければ聞いてくださいね!それでは、お疲れ様でした!!

この記事をシェアしませんか?

このサイトをフォローしませんか?

コメント

  1. GeRu より:

    はじめまして!
    Timeを購入したのですが、以下の設定方法を教えて頂けないでしょうか?

    ①日本語化したいのですが、Android端末を持っていません。
    Android以外で他に日本語化する方法がないでしょうか?
    私が所有するのはiPhone6とMacBook Airです。

    ②アドレス帳との連携方法がうまくできません。

    ③Timeの前にPebbleを使用していた時はPebble側で音楽を起動出来たのですが
    TimeではiPhone側でしか起動出来ないのでしょうか?

    何卒、よろしくお願いします。

    • ギガジェット より:

      はじめまして、Geruさん。コメントありがとうございます。
      日本語化はiPhoneでも出来ますよ!
      私はメインではないのですが実機を持っていますので日曜に解説&実証記事出しますね。
      アドレスの取得も出来るはずです。
      音楽は検証してみます。
      それまで待てないという場合は言ってくださいね
      簡単に説明したいと思います。

    • ギガジェット より:

      http://gigadget.net/?p=326
      ちょっと急いで作ったのですが、Android向けの日本語化記事を出しました。
      ほとんど作業は同じなので、途中のファイルマネージャー(記事ではESファイルエクスプローラーを使用)のみをiOS対応のファイルマネージャーに差し替えて考えていただければ分かりやすいと思います。(こんなアプリも見つけましたので、参考にしてください https://itunes.apple.com/jp/app/file-pod/id582198790?mt=8&ign-mpt=uo%3D4 )
      また分からなければ気軽に質問してくださいね!意見もどしどしお願いします。
      あと検証ですが、後で記事を出します。忘れてはいません!