Windows10、Win7,8(8.1)からのアップデート予約が開始・提供開始日も発表

windows10

ついにWindows10も現実味を帯びてきました。いままで開発者ビルドで手が出なかった人もようやく正式版が出てきます。

どうやら7月29日提供開始のようです。待ち遠しいですね。このまま何の障害も出なければ、初のWindows10は最悪でも今年中には必ず出るでしょう。

Windows10といえば、Windows7からの大幅なUI変更で悪評が相次いだWindows8のメジャーアップデートという位置づけです。個人的には実際に慣れると使いにくいことはほとんどないのですが(むしろいろいろな機能にアクセスしやすく使いやすい)急に変わった操作方法。特にスタートメニューを消してしまったことへの批判は想像以上のものだったと思います。

Windows10ではこのような機能をユーザーの視点で(フィードバックを非常に重視)選び、もちろんスタートメニューも復活しました。

8のタイルメニューと今までのメニューが融合した素晴らしいデザインとなっています。

また、まだ日本語には対応していませんが「Cortana」という新機能をパーソナルユーザーアシスタントとして位置づけています。なんだよこの横文字は、と突っ込みたくなるとは思いますが、予測機能を強化し、利用者をサポートする機能という認識で大丈夫です。(Google Nowにさらに対話検索を搭載したイメージですね。)

ユーザーの意見を積極的に取り入れていると書きましたが、まさにこのWindows10は8でがっかりさせたユーザーの復帰を目指す(といっても世界ではほとんどがWindowsユーザーなわけなのですが)起死回生のプロジェクトというわけです。そんな社の命運を分けるといわれているだけのプロジェクトだけあって今回のWindows10には期待がかかります。

そんな理由もあってかWindows10はWindows7,8(8.1)からのアップデートは一年間無料となっています。


そんなWindows10ですが、この度アップデート予約が開始されました。

アップデート予約とはどうやらアップデートが提供された場合に通知&自動ダウンロードが行われるという機能のようですね。普段のアップデートではない機能だけになんだかワクワクしました。

それでは早速登録方法に行ってみましょう。

①タスクバーのWindowsアイコンを確認しよう

2

明らかにいつもとは違うアイコンが表示されていますね。これが出ていない方はWindowsアップデートを最新まで適用しているかどうか確認してください。(最新の場合はもう少し待ってくださいね)

それでは表示されている方は早速クリックしましょう。

3

こんな画面が表示されたら「無料アップグレードの予約」を押して予約を行いましょう。

②こんなに簡単!本題の予約をしましょう

ここで設定によっては管理者権限の許可を求めてくる場合もあります。その時は許可しましょう。

5

画像通り①の欄にメールアドレスを入力しましょう。

入力が終わったら ②の「確認の送信」をクリックします。

8

これで完了です。あとは通知を待ちましょう。「閉じる」をクリックして終了しましょう。

この記事をシェアしませんか?

このサイトをフォローしませんか?

コメント

  1. hide より:

    こんにちは

    「Nexus6 文鎮化」で検索かけたら、このサイトにたどりつき、助かった!と思いました。 でもこの通りにやったつもりだったのですが、うまくいきません。 解凍したファイルはデスクトップにおいておいて flash-all.bat を起動させていいんですよね? 何とかしないと仕事にも差しさわりが出てますし、よろしくお願いします。

    • ギガジェット より:

      hideさん。コメントありがとうございます。管理人のGADGETMANと申します。
      ご返信遅れて申し訳ないです。

      解凍したファイルはデスクトップにおいておいて flash-all.bat を起動させていいんですよね?
      >>
      はい、その作業で大丈夫です。
      おそらくコマンドプロンプトの黒い画面が起動すると思うのですが、その際出てくるメッセージはなんと出ていますでしょうか?
      考えられる原因は、adb環境の構築が終わっていない、もしくはドライバーがうまく働いていないのかな?
      などと考えましたが、出ているメッセージを教えていただければ大抵のことはわかると思います。
      よろしくお願いします。