【最新】誰にでもわかるROOT化シリーズ①大前提の前準備(30分)

2016/01/16 javaに関する表記の誤りを修正しました。ご指摘いただいたfukumasa
さん。ありがとうございます。
2015/01/24 Pathを通す際の設定事項に誤りがあり、修正いたしました。ご指摘いただいたKDさん。本当にありがとうございます。

ROOT関連の検索・リンクでいらっしゃった方は初めまして、お気に入りの方はお久しぶりです。

早速ですが、ROOTの取得について進めていきましょう!

まだROOTについてよくわかっていない方はこちらの記事「初心者でも絶対わかるROOT化とは?」から読み進めてくださいね。

この方法で正しく行うことができれば99.999999%誰でも出来ます!頑張ってください。

初心者の方向けにかなり詳しく説明していますので、上級者の方は煩わしく思うかもしれません。適宜読み飛ばしてもらえると有難いです。

注意事項

本サイト内に掲載の行為を実践される際は全て自己責任でお願いします。

ROOT化や、端末のブートローダーアンロック、カスタムromの導入などには端末が起動しなくなったり、最悪の場合文鎮化(起動せずどうしようもなくなる)してしまうこともあります。

もし異常が発生した場合でもできる限りサポートしたいとは思いますが、そのような事が起こっても当サイトは一切責任を持ちませんのでその点ご了承ください。


準備するもの

Windows PC 1台

Androidスマートフォン 1台(これROOT化できる?という質問はこちらまたは下のコメントから)

PCとスマホをつなぐコード 1本

インターネット環境 一つ

楽しむ気持ちとやる気 満タン


①まずはパソコンを起動してログインまで済ませてください。

ROOT化を行うにはまず、開発者と同じ環境を整える必要があります。

こちらのサイトからAndroid SDKというツールをダウンロードしましょう。

出典:Download Android Studio and SDK Tools  Android Developers

アクセスするとこのようや画面が表示されると思います。

緑のボタンをクリックしたくなる気持ちを抑えて下までスクロールしましょう。

gigadget-root2

このような部分があると思うので、赤い枠の中に注目してください。

慣れている方は実行ファイルを選んでインストールという方法でもいいのですが、

今回はわかりやすいzipファイルのダウンロードを選択します。オレンジ色の枠の中をクリックしてください。

gigadget-root4

このような画面になったら図中①のチェックボックスにチェックを入れ

「 Download android-sdk_r24.1.2-windows.zip」と書かれた青いボタンをクリックしましょう。

何かダイアログ(警告や、実行or保存するかを選ぶ表示)が出れば保存をクリック。

IE(Internet Explorer)の方は「保存」をクリックすればOKです。

Chrome(Google Chrome)の方はgigadget-root5こんな画面が表示されますね!

どのブラウザでも基本的にはPCの「ダウンロード」フォルダに入っています。

(ご自分でダウンロード先を変更した場合を除く)

gigadget-root6

このようにダウンロードされました。

次にこのフォルダを右クリックして「全て展開」をクリックしてください。

gigadget-root7

自分のわかりやすい展開先を指定したら、「展開」をクリックしましょう。

チェックボックスにチェックを入れておくと、自動で展開先が開くので楽ですね。

③展開されたフォルダが出てきたら、Cドライブにコピーします。

gigadget-root8

まずCドライブを開きます。上の画像のように、「エクスプローラー」を開いてからCドライブ(Windows C:)を選択します。

gigadget-root9

図のようにCドライブにコピーしましょう。この時、もともとCドライブにあるフォルダに被らないよう注意してください。

移動前のフォルダから「android-sdk-windows~」が消えてしまっても問題ありません。(Cドライブに入っていれば)

④次に、こちらのサイトより「Java SE」をインストールします。

出典:Java SE Development Kit 8 – Downloads

ページを開いてください。

gigadget-root10

そして、Accept License Agreementのラジオボタンにチェック。

gigadget-root11

そうすると、ダウンロードができるようになりました。

32ビットの方は jdk-8u40-windows-i586.exe

64ビットの方は jdk-8u40-windows-x64.exe

を選択して、ダウンロードしましょう。

自分が何ビットのPCかわからないーっという方はこちらの記事「誰でもカンタン!すぐに自分のPCが何ビットか調べる方法」をチェック。

④JavaSEをインストール(もし、最新バージョンが出ていたら、1.8.0~などのバージョンだけ読み替えて進んでください)

ダウンロードされたファイルを開いたらインストーラーが起動します。

gigadget-root12

次へをクリックして進みましょう。

gigadget-root13

インストール先をCドライブ直下に変更します。

「変更(c)…」をクリックしましょう。

gigadget-root14

画像の通りC:Profram Filesjava~となっている文から「Program Files」を消しましょう。

(しっかりとも消してくださいね。よく忘れる方が多いです。\となると×です。)

gigadget-root15

正しく設定できていると「C:java\jdk1.8.0_40」となります。

「次へ」をクリックして進みましょう。

gigadget-root16

少し待つとインストール画面がようやく出てきます。

gigadget-root18

そうしたら、また「変更」をクリックして、Cドライブ直下にインストールしましょう。

gigadget-root19

「Windows(C:)」を選択して「OK」をクリック。

gigadget-root20

インストール先が「C:」になっていることを確認したら「次へ」をクリック。

勝手にインストールが始まり、インストールが完了します。

完了したら、「閉じる」をクリック。

gigadget-root17

この画面も閉じてください。

番外:エラーがここで出る人もいる様です。

gigadget-root21

このような感じですね。これはもう「閉じる」で閉じてもらって構いません。

すると先ほどの画面が出ますね。「閉じる」で完了です。

⑤Android SDK パッケージをインストール

それでは④までの作業が完了したら、いったん手順③でCドライブにコピーしたandroid-sdkのフォルダを開いてください。

gigadget-root22

PCからCドライブを選択し、android-sdkを選択しましょう。ここにこのファイルがない方は③を見直してください。

gigadget-root23

引き続き、「SDK Manager」を選択します。

とても多い項目が並びますが、全てのチェックを解除して下さい。

その後、画像に従って「Android SDK Tools,Android SDK Platform Tools,Google USB Driver」を選択しましょう。

図中③の「Install」ボタンをクリックして、インストールします。

gigadget-root26

ライセンスに承諾するか聞いてくるので、よく読んだら「Accept License」のラジオボタンをクリック。

「Install」ボタンが押せるようになるので、インストールします。

gigadget-root27

少し待ち時間が長いです。赤で囲った部分が進捗バーなので100パーセントまで待ちましょう。

gigadget-root28

完了したらこんなダイアログが。「OK」をクリックして閉じましょう。

さあここからが最後にして最も重要な作業です。あと一息です。頑張ってください。

⑥Pathを通す

コントロールパネルを開いてください。

gigadget-con2

システムとセキュリティをクリックします。

gigadget-con3

さらに、システムをクリックします。

gigadget-root29

システムの詳細設定をクリックします。

gigadget-root30

「環境変数」をクリックします。

gigadget-root31

「Path」をダブルクリックします。(ない場合は「新規」で作成し、変数名に「Path」を変数値は;C:\android-sdk-windows\platform-tools;と入力します。)

gigadget-root32

変数値が表示されるので、この値をいったんコピーしましょう。(重要

メモ帳を起動して貼り付けます。(間違って上書きしてしまったときここの文字列を変数値に戻せば大丈夫です)

それでは、変数値を見ていきましょう。

いろいろと文字が並んでいて、文字列がで終わっていると思います。

その後に、;C:\android-sdk-windows\platform-tools;と記入しましょう。(後ろに追記する感じです。)

もし文字列が;(セミコロン)で終わっていた場合は;C:\android-sdk-windows\platform-tools;と追記します。

絶対にもともとある文字列を上書きしないでください。PCが不安定になることがあります。あくまで追記です

作業が終わったらすべて「OK」を押して終了します。

⑦コマンドプロンプトを起動して設定できているか確認しよう。

すべての工程が終わりました。お疲れ様でした。

あとは、しっかりと設定できているか確認してみましょう。

Winキー(キーボードのWindowsキーです)とRキー(キーボードのRキーです)を同時に押して、「ファイル名を指定して実行」を起動しましょう。

gigadget-root33

このような画面が出たら名前欄に「cmd」と入力します。

すると黒いコマンドプロンプトが起動しますので、「adb」と入力してみましょう。

ずらずらずらっっといろんな文字が流れるように表示されれば成功です。

「’adb’は内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはパッチファイルとして認識されていません」というエラーが出た場合、なにか設定を間違っています。インストールやPathをしっかり通せているか確認してくださいね。

コメント欄で質問受け付けています。シェア等していただけると励みになります。

お疲れ様でした!!

この記事をシェアしませんか?

このサイトをフォローしませんか?

コメント

  1. ik より:

    はじめまして。
    素人でもわかりやすいご解説で非常に参考になりました。ありがとうございます。
    以下、質問をさせて頂きたく存じます。
    2016.1/20時点で公開中の
    Android SDK: 「android-sdk_r24.4.1-windows.zip」
    JavaSE:「jdk-8u71-windows-x64.exe」
    を用いて、第一回【最新】誰にでもわかるROOT化シリーズ①大前提の前準備(30分)
    を行ってみましたが、コマンドプロンプトでエラーが出ます。
    インストールやpath確認も複数回行いましたがエラーでした。
    上記ツールのver.が異なる為でしょうか?
    原因・対応策についてアドバイス頂ければ幸いです。
    何卒よろしくお願いいたします。

    • ギガジェット より:

      Ikさん
      コメントありがとうございます!
      コマンドプロンプトでエラーが出るとのことですね。
      それでは早速エラーを確認したいのでエラー本文をコピーアンドペーストでお願いします。

  2. nk より:

    インストールやPathを何度も確認しましたがコマンドプロンプトで「’adb’は内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはパッチファイルとして認識されていません」とはじかれてしまいます。何かアドバイスなどを頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

  3. KD より:

    コマンドプロンプトで「’adb’は内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはパッチファイルとして認識されていません」とエラーが出る方。Pathの変数値が間違ってる可能性があります。

    ;C:android-sdkplatform-tools;ではなく
    ;C:\android-sdk-windows\platform-tools;ではないでしょうか。

    記事中のSDK Managerがあるフォルダの中にplatform-toolsフォルダがあると思うので、そこへのPathを通す。

    記事中ではandroid-sdk-windowsをC直下に移動してその中のSDK Managerを起動となってますので、;C:\android-sdk-windows\platform-tools;ですね。

    C:\android-sdk-windows\の部分は各自のインストール環境で変わりますね。

    • ギガジェット より:

      KDさん
      ご指摘ありがとうございます。なんて重要なところを見落としていたんだ・・・申し訳ない・・・
      すぐに修正しました。本当に感謝です!

  4. かんずめ より:

    acer icona A1-830 を使っているものです
    最近root化しようと思い

    の動画を見てroot化しようとしたのですが…
    2:40の状態にすると暫くして自動的に4:39のような文字列が出た後5:24の状態になり
    復帰すると
    Androidをアップデートしています…
    の表示が出てロック解除画面になります
    ロックを解除していざroot化確認してみるとroot化されていない

    このようなことが3回あったのでこのサイトを訪問しました
    とりあえずこの記事の最後までやってからyoutubeのものをやると一旦は
    Androidをアップデートしています…
    が来たあともroot化されているんですが
    再起動したりするとroot化がなくなってしまいます
    どうすればよろしいでしょうか?

  5. かんずめ より:

    連投になってしまいますが
    バージョンは4.2.2です

    • かんずめ より:

      追記です
      root化するかしないかは運のようなものがあるっぽく
      できる時とできない時があります
      また 再起動しなくとも時間が経つとroot権限がいつの間にかなくなっていたりします
      しつこくすみません

      • ギガジェット より:

        かんずめさん
        コメントありがとうございます。お返事遅れてすみません。
        一時rootの取得に成功したということでしたら、supersu・suバイナリを導入してみてください。
        suを取得した場合コマンドでも可能ですが、本体からでもPlayストアからsupersuをダウンロードすれば導入が可能だと思います。

        その前に/system領域のアクセス許可を行います。
        コンソールから
        adb shell
        su
        cat /proc/mounts
        すると出てくる
        /○○○○/○○○○/○○○○ /system ext~の丸の部分を控える
        その後た
        mount -o rw,remount -t yaffs2 /○○○○/○○○○/○○○○ /system
        でアクセスを許可できます!試してみてくださいね。

        • かんずめ より:

          解答ありがとうございます
          せっかく回答してもらったのは嬉しいのですが
          一時rootもできなくなりウイルス対策ソフトではroot化されていると言われて
          root checkerではroot化されてないと言われてもうわからないです
          ちょっとわからないことだらけなのでどうしようもないので
          こういう時にはやはり初期化してみたほうがいいのでしょうか?

          • ギガジェット より:

            かんずめさん
            返信遅くなりすみません。
            何らかの操作をしてこのような状況になったということでしょうか?
            初期化なのですが、おそらく大丈夫とは思いますが、改造に失敗してファクトリーリセットする場合には注意が必要です。最悪文鎮化することもあるためです。実機を見ていないので詳しくはわからないのですが、まずはどのような操作をされたのか教えていただければと思います。頑張ってくださいね!

  6. 下痢のマーティ より:

    コマンドプロンプトで「’adb’は内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはパッチファイルとして認識されていません」と出てしまいPathの変数値を;C:\android-sdk-windows\platform-tools;に変えても認識されませんwindows10だからでしょうか?

    • ギガジェット より:

      大変返事が遅くなり申し訳ありません。私の場合はWindows10でも認識を確認しています。お急ぎの場合はplatform-toolsフォルダ内でSHIFT+右クリックの「コマンドウィンドウをここで開く」をお試しください。

  7. 仲 瑞希 より:

    誰にでもわかるROOT化シリーズ①大前提の前準備(30分) の手順⑥からの説明文がよくわからないので詳しくお願いします

  8. fukumasa より:

    正しく設定できていると「C:javajdk1.8.0_40」となります。
    とありますが、
    しく設定できていると「C:java\jdk1.8.0_40」となります。
    が正解ですね。

    また、現在のJAVAダウンロードですと101 になっており、そのせいか
    android support liblary が選択肢にありません。
    なくても問題ないのでしょうか?

    • ギガジェット より:

      ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。
      おそらく問題ないはずですが確認してみます。

  9. android より:

    いろいろなサイトをみましたが
    あなたの説明が詳しく丁寧で
    私でもできました。

    本当に感謝いたします。ありがとうございました。

    • ギガジェット より:

      いえいえ、こちらこそこのようなサイトを見ていただき有難うございます。
      何かの助けになれたようで嬉しいです。今後もぼちぼち頑張りますのでよろしくお願い致します。

  10. 中島 徹 より:

    Java SE Development Kit 8 Update 112(64-bit)のインストール時にコピー先フォルダをc:¥にすると、このフォルダーは空きでありません。・・・となったときの対処をおおしえください。
    os:Windows10

    • ギガジェット より:

      中島さんコメントありがとうございます。
      こちらで少し状況が再現できなかったのですが空き容量がないということですかね?
      操作自体は問題ないと思うのですが、現状いかがでしょうか?

  11. ぴかちゅう より:

    上の中島徹さんと同じ内容です。
    JAVAのコピー先フォルダをCドライブ直下に出来ません。
    記事どおりに進めると赤字で
    「このフォルダは空ではありません。空のフォルダを選択してください。」
    とメッセージが出てその先に進めません。
    空き容量の問題ではありません。

    それと私の場合、インストール先の変更をした後は\マークの部分が全て\となりますが何か間違っているでしょうか?
    os windows7

    回答よろしくお願いします。